FC2ブログ
05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

放射線治療の効果は? 

-2014年6月18日(水)-
今日はK東病院での診察と治療

まずは血液検査結果。( )内は参考値。
・WBC 2.2 (4.0~9.0)
・RBC 3.44 (4.20~5.60)
・アミラーゼ 54(37~125)
・血糖 185(70~108)

白血球は相変わらず低いが俺にとってはデフォルトってことで。
血糖は膵臓が1/3~1/2しかなく機能が落ちているのでまあしょうがないといったところ。
他の数値もいくつか高め低めがあるが、まあ問題無し。

さて、先週撮ったCTの結果=放射線治療の効果は?

140611CT001.jpg

去年12月再発の疑いが出た時のとほとんど変わっていない。

さすがの俺もショックを受ける。

俺「変わってないですかー。放射線全く意味なかったって事ですか。」
K医師「確かに影は残っているけどその中は効いてることもあるよ。」
俺「?どういうことですか。」
K医師「影を柱として例えると、外観の柱としての形は残っているけれどもその実中はスカスカかもしれないって事。」

何故たとえが柱?柱の形を成しているのは壊死したがん細胞の名残ってことと解釈した。

俺「そんな事あるんですか?それは調べられないのですか?」
K医師「可能性はある。が、治療を続けながら経過を観察していくしかない。」
俺「GEMやTS-1、まだ効くんですかね?」
K医師「君は大丈夫。前と同じパターンで半年をめどに続けてみよう。」
俺「フォルフィリノックスはどうなんですか。」
K医師「あなたには使えない。フォルフィリノックスは脊髄に多大な影響を及ぼす。放射線治療で免疫力がかなり落ちているので感染症にかかるリスクが高い。」
「GEMやTS-1の抗癌剤も放射線もやってなくて、フォルフィリノックスを始めた人でも2回目は薬の量を80%に減らすくらいだから。」
俺「う〜ん…。自分て化学療法始める前から白血球が少なくて3.0〜3.5、基準値に満たないにもかかわらず、あまり風邪も含めて病気にかからなかったし、かかってもすぐに治ってたのはどうゆう事なんでしょうか?」
K医師「それは考え方の問題でもあるのだけど、あなたはもともと体の中がきれいだから少しの免疫力で十分だとも言える。白血球数が7.0〜9.0と高い人はそれだけ体の中に雑菌が多くいて白血球も多く必要とされているという事。一般的な基準値から考えるよりも、あなたの基準値の中で考える事が大切だと思うよ。」
俺「まあ、確かにそうですね。」初めてK医師からいい話を聞いた気がする。(スイマセン、K医師は立派な先生です。)
K医師「ただ、あなたでもさすがに2千を切るのは危険だから。」
俺「わかりました。」

8月までの診察、治療の予約を入れ(次回CTは8/20)、CTの画像を印刷してもらい、治療(GEMの点滴)を受け、受付で血液検査の結果表を受け取ってK東病院を後にした。

CTの画像では影の大きさは変わってないものの、当初の背部痛は全くといっていい程感じないし、腫瘍マーカー値が基準内に納まっていることが未来への希望を繋いでいる。

・CEA 3.7 (0.0~5.0)
・CA19-9 26.1 (0.0~37.0

なんて少しシリアスに考えもしたがK医師の言う可能性のとおり影の中身はきっとスカスカさ。
あくまでポジティブ。

そう言いながらもそこまでノーテンキでもない。
最近ちよっと気になることも。
食欲が落ちて来た、というよりも欲はあるのだが一度に食べられる量が少し減って来た気がする。
以前は同じ量でまあ満腹ではあったが食べ過ぎと感じるまでには至らなかった。今ではしばらくの間(2時間くらい)お腹が苦しい。

とにかくいままでと全く同じ生活をしていたのでは何も変わらない。
いや確実に悪くなって行くだろう。
化学療法も手術も放射線も病院で受けられる3大治療法(保険が利く)はほぼやったと言える。
K医師も今のところGEMとTS-1の化学療法以外の治療法を提案してこない。

しかしながらまだまだやっていないことは沢山ある。
さて、何から試そうか。






スポンサーサイト



[edit]

国立科学博物館に行って来た3 その他 

その3。書き残した事。

入館料 一般、大学生 ¥620
    高校生以下 無料 (65歳以上18歳未満無料)

嫁さんと合わせて¥1240。たっぷり2時間半は楽しめた。全部じっくり見て回れば休憩入れて5時間はかかるんじゃなかろうか。
パスタ、カレーといった軽食を食べれるカフェもあればレストランもあります。

入って(日本館から)展示室に行く前に360°シアターというのがあり、これは直径12.8mの球体の中心に橋がかかっていて、そこから360°のスクリーン全方位に映し出される10分程度の映像を楽しむもの。
◯ズミーランドにもこんなの無かったと思う。
今月はマントルと地球の変動、海の食物連鎖でした。来月は恐竜。(また行くか?)

360シアター

ガンダム(Zだったかな。全方位モニター。)のコックピットからみる映像ってこんな感じかなー。(サイズが違うけど)

最後にミュージアムショップにてガシャポンを。
息子希望のフタバスズキリュウの復元骨格、 当たり!
フタバ
本当は生体復元のほうが良かったみたいだけど、縄文人と縄文犬とか、国立科学博物館日本館、天体望遠鏡じゃなくてよかったー。

嫁さん曰く運がひとつ減った…。

息子はよほど嬉しかったらしく、寝るまで愛おしそうに眺めておりました。😄


[edit]

国立科学博物館に行って来た2 地球館編 

前記事の続き。

地球館は別棟、新しい建物です。
テーマは地球生命史と人類。
地球環境の変動と生物の進化、科学と技術の歩み、宇宙・物質・法則まで、その展示ボリュームは日本館のそれをはるかに上回ります。
出かけたのが午後からと遅かった事もあり全てを観る事は出来なかった。

1F 系統広場。植物、魚類、昆虫、鳥類、哺乳類、ミトコンドリアまで。
地球館1

地球館2

地球館3

B1、B2F こちらにも恐竜、マンモスなどの化石、復元モデルが多数あり息子のテンションは上がりっ放し。
テイラノサウルス

プテラノドン

これだけ歩いたのは久しぶり。疲れた。
6/18からはまた化学療法を再開するのでしばらくはこんなに歩けないかも。




[edit]

国立科学博物館に行って来た1 日本館編 

-2014年6月14日(土)-
最近長男4才が恐竜にハマっているので上野恩賜公園、国立化学博物館に行って来た。
東側には時々仕事で行っていたが、上野公園へは13〜14年前にエジプト展を観に行って以来。

ちなみに長男が好きなのは首長竜。

国立化学博物館(日本館)全景。
博物館全景

中央は吹き抜けになってます。
博物館天井

真下からだと奇麗なシンメトリー。
日本館天井2

お目当ての首長竜(フタバスズキリュウ)、息子と。
フタバスズキリュウ2

日本館では、日本列島の生い立ち、生き物、自然など見所いっぱい。
息子は人の骸骨にビビッてました。

次記事では地球舘を紹介。

治療に関係ない記事でスイマセン。




[edit]

今日は健康診断 

-2014年6月12日(木)-
今日は健康診断でした。
受けるところは都内の〇〇メディカルセンター。
2010年から会社の健康診断はここで受けてるのだけどここの内装がスゴイ。
まるで高級ホテル。っていっても高級なホテルに泊まった事がないけど…。

まずは1階のロビー。豪華なアンティーク調。
ロビー

エレベーターはこんな感じ。
エレベーター

他の階、診察や検査を受けるとこも同じイメージで待ち合いスペースは掘り込み天井を間接照明で照らしてあったり、シャンデリアがあったり。
各部屋の入り口扉まわりはすべて120~150幅の化粧面材で囲ってあり、床はアンティークな花柄のカーペット。
シャンデリア

いつも検査後食事が付くコースなのだがこれがまたスゴイ。
前菜、スープ、メイン(魚or肉)のコース料理にコーヒー又は紅茶。検診後の食事にしちゃ豪華でしょ。ボリュームはないけど。
メイン

ここに載せているのは3年前の写真でこの時のメインは魚を選んだが今日はお肉、サーロインステーキをチョイス。
前菜は冷やした帆立の上に、いくら、うに、キャビアが乗ってた。スープはカリフラワーの冷たいスープ。
美味しく頂きました。

3年前か〜。
K東病院に入院して膵癌4b余命1年と告知され、退院して2週間くらい後に健康診断を受けたんだよなー。
この時の内科診察をして頂いた先生に「小さくなってるんじゃないですか(腫瘍が)。」と言われそんなバカなと思っていたら本当に小さくなっていてビックリしたっけ。
残念ながら今年もその先生には会えなかった。

健康診断の結果は今日判るかぎりのことでは、膵癌絡み意外のところはほぼ問題無し。
メタボ脱出。(この基準って意味ないと思うけど。)

膵癌絡みのところ?
白血球が少ないとか、血糖値が高いとか。

ちなみに便通が良くないのでバリウム(腹部レントゲン)はパスしました。




[edit]

放射線治療後の初CT結果は来週/ブルーインパルス 

-2014年6月11日(水)-
今日はK東病院で放射線治療後初CT検査。
ひさびさの注射(造影剤注入用)は痛かった。
注射って抗癌剤治療開始してからもう何十回とやってるけど未だに針を刺す瞬間は緊張する。
結果が判るのは来週の診察で。

もう10日以上前の事だけど5/31午後5時半頃、国立競技場ファイナルイベントでブルーインパルスの展示飛行がありましたねー。

見逃した。知らなかった。何たる失態。会社の入っているビルの真上を飛んだというのに。
もっとも5/30は徹夜の仕事で、そのまま5/31午前10時にクライアントさんに引き渡しをし、12時過ぎに会社に戻り少し雑務をこなして13時頃退勤。
5/30は放射線治療も受けていたのでどのみち体力的にきつかったのだけど。

社長が屋上から撮った写真
ブルーインパルス

やっぱり生で観たかった。


[edit]

放射線治療終了 

-2014年5月30日-
28回におよぶ放射線治療終了。

忙しくて記事を更新出来ないうちに終わっちゃいました。
途中5/24にK東病院で診察あり。
放射線治療の結果がわかるのは6/11のCT、6/18の診察で。
18日からはジェムザールも再開予定。

放射線による副作用について実際どうだったか。(TS-1と併用)
単刀直入に言うとー 

きつかった。

ジェムザールとTS-1の化学療法では、手術前は時々仕事を休んだりもしたが術後半年間では一度も休まなかったし再発後の治療再開でも休むこともなくそれほど苦ではなかった。
(ジェムザール点滴の日は休むけど。)
症状としては、
・放射線を充てた腹部を中心に気持ち悪さがこみ上げてくる感じ。
・吐き気はあるが吐くまでにはいたらない。
・電車でずーっと立っているのがつらい。
・とにかくダルい。
・すぐに疲れる、集中力が続かない。
・何をやるにしてもやる気が起きない。
・やたら眠い。休みの日はほとんど寝ている。
・便通 便秘(ころころう◯ち)から下痢(軟便)の繰り返し。
・放射線を充てた部分の皮膚は痒くなる、赤くなるなどの症状は見られなかった。

朝一で治療を受け、その後10:30~11:00に出社。
忙しいのでとにかくやらなければ(仕事を)という気持ちはあるものの、体が、心がついていかない。
この仕事は外してほしいと言おうかと思った事もあるが、その前に弛んでると喝をいれられ(自分だけでなく全員だけど)言えないまま過ぎる。
給料泥棒にはなりたくないのでタイムカードを押してからも残業したり家に持ち帰ったりして出来なかった分を時間をかける事でカバー。ゆっくり休むことも出来ないので悪循環。後半はそれすら出来ないくらい辛かった。

それでも会社を休んだのは一日だけだったので一般的には軽い方なのかどうなのか。
S女医はそれほどでも無いだろうと言っていたし…。
副作用に関していえば、放射線は自分とは相性が良くなかったようだ。
今後一週間から10日ほどで徐々に副作用は無くなるだろうとの事だけど…。

連休後は新病院に移り白とダークブラウンを基調とした奇麗で今風なデザインにすこし感動。
放射線治療の機械も新しくなっており短時間の照射で以前と同じだけの効果をあげられるらしい。
予約時間は9:00からとなったが実際には8:45~50頃から治療開始で連休前とさほど時間は変わらなかった。

この後、K病院放射線治療科での診察は7/3。
6/11のCTからはまたK東病院。こちらの消化器系内科も早く統合されて新病院に移ればいいのに。
だがそれは来年になるらしい。
それまでずーっと治療を続けてるのもヤだけど。
もちろん治すって事で。


[edit]

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

フリーエリア