FC2ブログ
08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

2014の夏休み3 

-2014年9月21日(日)-
今日は久々に仕事もせずゆったりした休日を過ごしました。
…。
九月も後半に入ったというのに未だ夏の話を引きずってます。(ホント、忙しいのです。)
もう少しお付き合いくださいませ。

さて、昨年手術したNB君ですが前記事で喉頭がんと書きましたが手術、治療したのは口腔底癌と食道癌の間違いでした。詳しくは書かないけどその治療、手術、リハビリの大変さは自分の比ではない。
あ、もちろん彼の方が大変てことね。

そろそろお開きとなった頃、彼がみんなにお礼を言いたいと挨拶をした。
概ね以下のような話をしたと思う。

友人、家族、同僚に支えられその絆に感謝したい。そして悔いの無い様自分の思いを相手に伝えよう。と。
最後に、「好きなら好きとはっきり言いましょう、伝えましょう。」と言ってた。(繰り返し強く)

集まった中で確かに男女とも独身はいたけれども、彼ら彼女らだけに言っていたわけでは無い感じ。
不倫のススメ?てなわけではないにしろ彼ならストレートにそうしそう。てか彼の宣言の様にも聞こえた。

最近このブログに訪問して下さる方のブログに [死ぬまでにしたい10のこと] という映画を紹介してある記事があった。
主人公は23才の主婦。あるとき癌を告知され余命2ヶ月と宣告される。
そしてタイトルの 死ぬまでにしたい10のこと をリストにあげ実行していくという物語。
そのしたい事のほとんどは家族に対する愛情の表れだったりするのだが、中にはこんなしたいことも。

7番目 夫以外の男の人と付き合ってみる。
8番目 誰かが私と恋に落ちるよう誘惑する。

ブログ主は、「そうしたストレートな本音を含めて、きっぱりと書き出しているところに、素直さと気持ちよさを感じたりもします…。」と綴っていました。
5番目には、思っている事を話す というのもあり、NB君の言った事と同じやん。なるほどな〜。
と、妙に納得してしまった。

NB君「じゃあ次は〇〇」
あ、やっぱりね。挨拶なんて考えてなかった。

応援してくれるみんなへの感謝の気持ちと、余命を宣告されてから一時(いっとき)を、一期一会を大切にしようと思った事を伝えた。
そして常日頃意識しているわけではないが心の隅に置いていること。可能性について話した。

「可能性というものは、確率が高かろうが低かろうが、良い事だろうが悪い事だろうが常にあるものだと思っています。
だから俺はがんと告知されたとき、まさか俺が…と目の前が暗くなったりとかせず、十分あり得る事だと自分の置かれた状況を冷静に受け止められたのだと思う。
みんなにもそんな可能性について心の片隅置いておいて欲しい。そうすれば、例えば事故に遭った時などパニックにならず落ち着いて対処できたりするのではないかと思います。」

てなことを言った。

そして、
「なぜそんなふうに可能性について考える様になったかと言うと、今から遡る事24年前…。」

つづく。




スポンサーサイト



[edit]

2014の夏休み2 

相変わらず忙しい日々が続いており、昨日は0:00過ぎまで現場で作業。
んで、今日は診察及び治療。
その結果を載せる前に先に前記事の続きをさっさと済ませよう。
もう一ヶ月前にもなってしったが…。

ー圏央道を利用した結果(相模原愛川 IC)ー

相模湖インターまでいつも約2時間、渋滞もなく順調にいって1時間半のところを40分で通過。
早朝4:15でICまで車もほとんど走っていなかったこともあるが半分以下の時間短縮はかなり大きい。
ちなみに高速料金は+¥1,000。
実家に着いたのは午前9:15頃だが直前で嫁が車酔いに耐えられなくなるトラブルがなければ8:45には到着していただろう。
いつもは渋滞に引っかかることなく順調に言って6時間、俺一人で深夜走って5時間が最高記録だったが、今回あっさりと記録更新4時間半(トラブルが無かったら)。
サービスエリアのレストランや売店が空いていなかった為、ダラダラした無駄な時間を取らなかったという点も大きい。
いつも帰省するのに一日費やすという固定観念がくつがえされた。一日得した気分。

帰り(8/15)は16:00過ぎに出て家に着いたのは24:00…。8時間。

実家に帰って少し休憩した後にやったのがマイマイ蛾のタマゴ取り。
マイマイ蛾

家の壁に張り付き卵を生みながら動き、約3cm~5cmの保護の為の綿の様な物をかぶせた卵の巣をつくる。
これを四角いペットボトルを斜めにカットした物を棒の先に取付、壁に押当てて削る様に卵の巣を取る。
今年は約20カ所の巣を取ったが去年は100カ所以上は取った。
聞いた話だがマイマイ蛾が大量発生して3年目にはマイマイ蛾だけを死滅させるウィルスが発生し終息するという。来年にはほとんど居なくなっているだろう。
自然の摂理とは不思議なものだ。

12:30にはS宅に行くつもりだったがお寺さん(実家の方ではそう言う)が来られたりして13:30頃になる。
嫁に車で送ってもらいS宅の前に来ると…

こ、これは流しそうめん!?

流しソーメン

Kの発案だ。何度かやってるらしいがここでは初めて。
設営を手伝い皆を待つ。火も起こしてある。
これまた同級生が持って来てくれたトマトをかじりながらノンアルのビールもどきを飲む。

徐々に人も集まりBBQ開始。
15:30頃いよいよ流しそーめん開始。
48過ぎのオッサン、オバサンの集まりでどうかとも少し思ったがこれが大反響!
楽しい、うまい!(ほんと、うまく感じる)

流しそうめん2

夜の部には、娘(片割れのみ)、甥っ子、弟の嫁、そして母親までが参加。
娘はそれほどでもなかったが甥は相当楽しかったようで夏休みのいい思い出になった事だろう。
母は母で久しぶりに会ったKやN、TSと話せて嬉しかった様子。

さすがK、企画力バツグン。外さないね。
ホント、感謝してます。
いつも気にかけてくれて場所を提供してくれるSをはじめ食材を準備してくれたTS(次から料理長と呼ぼう)、集まってくれた同級生ありがとう。

そして、今回は高校卒業以来で合い、去年喉頭がんの手術をしたNB君が参加。
彼の事は去年の7月頃話を聞いていて気になっていた。

その話は次回。

[edit]

2014の夏休み1 

-2014年8月11日(月)-
まずは休みに入る前の大阪和泉出張の話から。

クライアントへの引き渡しは13:00から。
引き渡し後、追加やら今後のスケジュールについて協力会社さんと打ち合わせをして終わったのが16:00過ぎ。
その後約2年ぶり?久々に会った協力会社さんのAさんに新大阪まで車で送ってもらう。
Aさんには既に俺の病気の事を話しており車中では術後のこと、再発したことなど話した。

Aさん「今度入院てことになったら覚悟を決めんとあかんな。」
俺「まあ一般的にはそうやなあ。緩和ケアとか。遺書とか今のうちに考えといた方がええかな。」
Aさん「まあでもあんたは殺しても死なん男やから(笑)」
俺「殺されたら死ぬがな。」

付き合いがそんなに長いわけではないが歳が近くそんな会話をふつうに出来る間柄である。
俺は関西人ちゃうけど地元の方言が関西弁に近いところがあるけえ関西人と話す時は吊られてエセ関西弁になってまうんやさ。あ、地元の方言がミックスされた。

新大阪には1時間くらいで到着。
名残惜しかったがまた元気な姿でまた合う事を約束し別れる。

-2014年8月13日(水)-
今日から夏休み。
いつもは高速道路の渋滞が終わる頃を見計らって10:00〜11:00頃出発し17:00〜18:00頃実家に到着するのだが今日は花火観ながらのBBQ大会が午後からあり準備の為友人S宅に午後一には行きたいので朝4:00に出発することに。
12日帰宅が遅くなり寝たのが12:00、起きたのが2:00。シャワー浴びて荷物の準備をし3:00すぎに皆を起こす。
3日前から熱を出している息子はまだ熱があるが元気。
結局出たのは4:15分。
いままで中央道、八王子か相模湖インターから乗っていたのだが今回初めて圏央道を使う事に。
なぜ今までその発想が無かったのか。理由の一つにナビでルート検索しても出て来なかったから。
眠眠打破を飲んで気合いを入れさあ出発。

はっ、寝落ちしてしまった…。

続きは後で。





[edit]

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

フリーエリア