FC2ブログ
02 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 04

-2015年3月29(日)- 

先週の20日(金)の現場は時間の余裕があったのでなんとかこなせた。
しかし帰りの電車に乗っている途中から疲れが出始めた。
会社に寄り、今日撮った写真をサーバに乗せて早く帰りたかったのだがどっと疲れが出て来て2時間弱ぐったりしていた。
翌日は祝日だった為一日中おとなしく休んでいた。というか気分は悪くだるくて休日でなかったら会社を休んでいただろう。
さらに翌日の日曜も体調が優れず夕方までほとんど寝ていた。

以前はそうでもなかったのに最近思うことー

抗癌剤飲みたくない。

それは副作用が強くなってきたからに他ならない。
食欲も落ちて来てご飯は以前の半分だ。調子良いときでも食べ過ぎて気持ち悪くならない様セーブしている。
ちょくちょく間食するので体重はさほど変わってないけどね。
体調管理、特に食事には気をつけて行きたい。

-LaQ-
2月分応募は前回の作品より自信があったのだが最終選考にも残らなかった。
タイトルは 春のキャンプツーリング
オフロードバイク前
テント

めげずに今月もバイクがテーマで3作品応募。

化学療法もめげずにガンバリマス。



スポンサーサイト



[edit]

本日の診察、治療、CT結果 

-2015年3月18日(水)-
今日は診察、治療の日。
まずは検査結果。

脈拍 65
血圧高 104血圧底 68

血液検査結果
WBC 2.8 基準値4.0~9.0
RBC 2.88 基準値4.2~5.6
アミラーゼ 60 基準値37~125
血糖 149 基準値70~109

腫瘍マーカー今年に入ってからの推移
CEA 基準値0.0〜5.0    5.5  7.1  6.8 
CA19-9 基準値0.0〜37.0 136 154 208

3/5に撮ったCT画像
CT20150305.jpg

CEAは気持ち下がっているもののCA19-9は順調に上がっている。
CT画像をみる限りでは前とさして変わらず。
放射線科でプリントしてもらった画像とは切り取った断面が違うので比べてもあまり意味は無い。

俺「仮性膵嚢胞はどうなってます?腹水は無いですか?」
K医師「仮性膵嚢胞はもう無くなっているし腹水も無いよ。」
俺「ーてことはこの腹の膨らみはやっぱり肉…。」
K医師「まあ、そういう事だね。」

俺「転移は無いですか。」
K医「無いね。」

画像で見る限りでは現状維持だけどCA19-9が上がってるのが気にかかる。
これについてはK医師も気になるものの何とも言えないといった感じの様だ。

明後日は朝から現場で作業。
脚立の乗り降りを頻繁に繰り返す作業になるけど大丈夫かなー。



[edit]

電車内のマナーとか暗黙のルールとか思いやりとか 

抗癌剤服用中、一日の中で一番キツイのが通勤電車で立ち続ける事である。(一時間前後)
朝は次又はその次の駅での乗降が多いので、そこで70%くらいの確率で座る事が出来る。
帰りは自宅最寄り駅まで20分くらい前の駅までほとんど座れない。そこの駅でも座れるる可能性は30%ほどだ。

俺は電車内のマナーについて結構気を遣う方だと思っている。
よほど体調が悪い時とか寝てしまっているとき意外はお年寄りや妊婦さんに席を譲るし(あと子供を抱えてるお父さんお母さんとか。)、座っている時も(混雑時は)前に立っている人の為になるべく脚を出さない様にしている。
まあ、知らず知らずの内に迷惑をかけてる時もあるだろうけど。

-2015年3月13日(金)-
最近また時々腰が痛くなりこの日の帰りの電車内でも痛みがでて「座りたいなー」と思っていたが金曜日でもありいつもより増して車内は混んでいた。
前述した座れる確率30%の駅でのこと。
前に座っていた二人の男性が降りようとしていた。
「ラッキー。座れる。」
ところがだ。混雑時にはリュックは前に抱えるか網棚に置くのがマナー(車内に張り紙もあればアナウンスもしている。)なのに大きな黄色のリュックをしょっている若い女性(20才前後)のおかげで…。
以下言葉で説明するなが難しいので絵で。

AB男が降りる人。C女が黄色いリュックをしょったひと。
車中マジ!?1

ABが立ちやすい様に後ろに引く俺。その隣にCが。
車内マジ!?2

Bがいた席にCが。
車内マジ!?3

と思いきやAのいた席にスライド。「そう来る!?。まあいいけど隣に…」と思った瞬間ものすごい早さでDが。
車内マジ!?4

目の前の二人が降りたにも関わらず座れなかった俺。
車内マジ!?5

俺がトロイだけ?

Cは寝る体勢、Bは真剣な目つきでスマホをいじりだした。
どちらも20才前後といった若い女性。

「お前らぜってー彼氏いないだろ。友達も少ねーだろ。」
と、心の中でつぶやく俺。(負け惜しみ?)

かなり前の話だけど空いた席に鞄を投げて来た若い男がいた。彼も20才前後に見えた。
マンガでしか見た事の無いこの光景に「マジか」と思った。

他人の事なんて何も考えてないんだろうなーこいつら。

子供を連れてる時、席を譲ってくれるのは年配の女性のことが多い。
思い返してみれば学生に譲ってもらったってこと無いかも。

CDの女性も鞄を投げた男も学生風だった。
彼らも社会に出れば考え方も行動も変わってくるだろうか。





[edit]

ここのとこの体調と診察 

今日は昨日から気分が悪くて会社を休んでしまった。
とにかく気持ちが悪い。下痢とまでは行かないが軟便が続いている。
一日中寝て過ごした。動いたのはトイレに行く時だけ。

-2015年2月26日(木)-
放射線科の診察。
内科と比べると(曜日の違いもあるも)格段に空いている為遠慮なくCT画像をじっくり見せてもらったりプリントアウトしてもらえるのでありがたい。
今回は去年、放射線治療を終えてから撮ったCT画像から今年1月に撮ったものを並べてプリントしてもらった。
CT放射線科印刷2_26
*画像クリックで全体画

去年6月から比べると大きくなっているものの最新から前回の物と比べるとほとんど差は見られない。
徐々に大きくなってきてはいるもののそのスピードはかなりゆっくりなものだ。
これは喜ぶべきことか。しかし完治を目指す身としては止めたい。そして小さくしたい。

-2015年3月5日(木)-
内科診察治療

採血結果
脈拍 61
血圧高 112
血圧底 75

血液検査結果
WBC 3.3 基準値4.0~9.0
RBC 3.01 基準値4.2~5.6
アミラーゼ 57 基準値37~125
血糖 142 基準値70~109
今回はCEA,CA19-9は無し。

前回治療後は調子が良かった為かWBC値がいつもより高く他の数値もまずまず。
K医師曰く、
「いずれアブラキサンにシフトするが脊髄に与える影響が大きく君にフルでの投与は無理だろう。」
とのこと。

元々白血球値は低いが(基準値に届かない)、数値ではなく%で考えると抗癌剤服用での低下率は20~30%。
フルでもいけるんじゃないか?と思ってるけどあまいかなぁ。

[edit]

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

フリーエリア