FC2ブログ
10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

パープルストライド東京2014その2 

-2014年11月2(金)-
昨日11/5は診察、治療の日だったが先にパープルストライドの続き。

皇居ランナーについて気になった点が二つ。

実際に歩いた皇居内堀通りをおさらいしようと検索した所、皇居ランニングについて一杯出てきた。
皇居ランニングステーションというサイトを見ると、
皇居周辺 歩道利用の9か条(2013.6策定)というのがあった。

■歩道は歩行者優先
■歩道をふさがない
■狭いところは一列に
■周回は反時計回り
■タイムよりゆとり
■「ながら通行」は控える
■自転車はすぐに止まれるスピードで
■ゴミは必ず持ち帰る
■思いやりの心で

コースの所々にパンキャンスタッフの方が立っていて「左側に寄って歩いて下さい。」と言っていた。狭いところでは1列になって、とも。

なるほど、歩行者、ランナー互いに譲り合い邪魔にならないようにってことね。
道幅はまちまちで4メートル程もある広い所から2人しか並べないところまで。
5キロ歩きの方々は道幅の半分くらい以内には収まって歩いていたと思う。
だけど多くのランナーは心の中で邪魔だなーと思っていたに違いない。
だがそれを口に出すこともなく黙々と走っていた。邪魔だと思いつつも仕方のない事だし歩行者優先という気持ちがあったからだろう。

しかし! 1人のおじさんランナーが「左側一列になって歩いて下さーい。」と強い口調で言いながら走っていた。そんなに狭い所では無かった。
彼の中ではランナー優先、いや、自分優先なのだろう。
このおじさんには高速道路で走行車線も追い抜き車線もそこそこ車が走っていていいペースなのに車間距離を詰めてパッシンッグしたりして車線を開けるよう促してくる車(我が家ではこいつらをどけどけ車と呼んでいる。)と同じものを感じた。

この歩道は多くのランナーが利用する道?
それともランナーのための道。?
答えは明白だよねー。

そしてもう一点。
歩道の所々お堀側にチョットした公園や休息所があるのだがそこのベンチの上や何かしらものの置ける所に飲料水(ペットボトルがほとんど)が置かれている。ランナーの給水用だろう。
ってかそれしか考えられない。そして誰も近くに管理している者が居ないのだ。
それでもおそらく誰も他人のものを飲んだり取ったりしないだろう。
そして帰りにはちゃんと持ち帰るだろう。
実に日本人らしい。日本じゃなきゃ考えられない暗黙のルール、マナーと言いたいところだが本当にそうか?
ここは観光地にもなっているのにその景色は良いものとは決して言えない。
見方を変えれば面白いとも言えるかもしれないが、誇れる事ではないだろう。

長文になってしまったがこの2点がちょっと気になった。

パープルストライド東京2014のTシャツ

T1

背中
T2


たすき

襷には他に
うす紫地に紫文字で FIGHT IT
それと
白地に紫文字で END IT
この3つの言葉の意味するところはパンキャンのHPで。


スポンサーサイト



[edit]

« 11月5日の診察治療  |  パープルストライド東京2014その1 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://toshisrx2.blog.fc2.com/tb.php/38-27d50c68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

フリーエリア